雑穀普及委員会

雑穀は白米より栄養がたくさん含まれています♪

食物繊維やミネラル類が豊富な雑穀とは

食物繊維やミネラル類が豊富な雑穀米ですが、その中でも食物繊維は、腸の働きを活性化してくれるため便秘に効果的といわれています。はだか麦や発芽青玄米などには特に多くの食物繊維が含まれているため、便秘の症状をピンポイントで解消したいという場合には、麦などの雑穀だけを白米と混ぜて摂取するようにするのが効果的です。また、ミネラル類が豊富に含まれているのは、黒千石やもちあわ、ひえ、小豆などであるため、それらがたくさんブレンドされているものを摂取するようにしましょう。ミネラル類は糖質や脂質をエネルギーに変換して、新陳代謝を活性化してくれる効果があると言われており体内の余分な中性脂肪が燃焼するのを助けてくれます。こういった雑穀ごとに含まれている栄養価についての知識を身に付ければ、自分の目的に合ったブレンドをすることも可能です。

雑穀米をブレンドする時の注意点

雑穀米を自分に合ったものにブレンドしようとする場合、出来るだけ多くの種類のものを混ぜれば、それだけ栄養価も高くなると思うかもしれませんが、実際にはたくさんの種類をブレンドしたとしても栄養のバランスが偏ってしまうだけになってしまいます。一般的に市販されている雑穀米に五穀や十穀くらいのものが多いのが良い例です。そのため、できればブレンドする種類の数は16種類以内にしておくのがおすすめです。また、忘れてはいけない重要なことが、口にする人の中にお米や小麦に対するアレルギーを持っている人がいないかどうかを知っておくことです。アレルギーがある場合は、イネ科の種類の雑穀は絶対に混ぜないようにしましょう。そのためにも、一つ一つの種類が持つ栄養価やどういった科に属するのかということについて、あらかじめしっかりと調べておくことが大切です。

雑穀米に関係がある内容を書きました。

雑穀米は、様々な料理と相性が良いです。特に野菜カレーと相性が良く、贅沢な味わいを自宅で楽しめます。子供にも好まれるので、夕食のメニューに困った時におススメです。また雑穀米は、多くの食物繊維を含んでいます。食物繊維は現代人に不足している栄養で、体内に摂り入れると腸の掃除をしてくれます。そのため腸が綺麗になり、免疫力や栄養吸収率が上がります。老廃物・毒素が出やすい状態になるので、中高年の方に多い便秘を解消できます。乳酸菌も摂取すると、腸内環境を悪化させる悪玉菌を減らしてくれます。乳酸菌とこの食べ物の組み合わせは、今後も流行り続ける可能性が高いです。そしてこの食べ物は、普通のお米よりも消化しにくいデメリットがあります。そのためしっかり噛むことが大切です。しっかり噛むと脳の活性化・虫歯防止・胃腸炎の防止といった利点があります。