雑穀普及委員会

雑穀は白米より栄養がたくさん含まれています♪

雑穀米は、日本人の体質に適した食べ物

雑穀米は、日本人の体質に適した食べ物です。味・香りも日本人に合っており、安心して食べることができます。ただ食べ過ぎると体内の脂肪が育つため、肥満を招きます。食べ過ぎた場合は、有酸素運動30分・筋トレ15分を行いましょう。有酸素運動・筋トレが嫌な方もいますが、雑穀米には本来のスタミナ・精神力を高める効果があります。それに臓器の働きを良くする効果も確認されているので、安心してスポーツを楽しめます。栄養吸収率が悪い場合は、水素水と組み合わせましょう。水素水は血液の流れを良くしたり、詰まりを解消してくれます。そのため雑穀に含まれる様々な栄養を沢山摂り入れることができます。そして日本人が好む納豆、シラス、塩コンブとも相性が良いです。ご飯が自然と進むので、好き嫌いが激しい方にもおススメです。現在、介護施設でもこの食べ物が採用されています。

雑穀米の利点に関する内容です。

雑穀米には色々な利点があります。まだまだ研究が進んでおり、今後の報告が期待されています。今のところ体への副作用・悪影響はありません。雑穀米には、身体の劣化を解消する利点があります。骨・筋肉を強化して10代・20代に劣らない身体を作ったり、綺麗な肌を作り女優並の美しさを手に入れることも可能です。水素水と組み合わせると、免疫力低下・肉体の老化を防げる利点もあります。そして脳の劣化・ボケを防ぐ利点も兼ね備えています。家族・友人のことを忘れにくくなったり、何歳になっても文字を書けるようになります。そのため雑穀米を取り入れている老人ホームも結構多いです。高齢者の方に不足しがちな栄養も補ってくれます。食べ続けることで、運動に必要な体力・気力を取り戻すことができます。その他、この食べ物は卵・キムチと相性が良いため、贅沢な食事を楽しめる利点もあります。

苦手な雑穀米を上手に食べるためには

雑穀米が体に良いということは知っているけど、主食としてはなかなか食べられないという人も多いのではないでしょうか。嫌がられる原因としては、まず独特の臭いがあります。また、見た目や食感などが苦手という人もいます。ふっくらとして粘り気のある普通の白米に慣れてしまっていると、コロコロとしたり、ブチブチとした食感が特徴の雑穀米に対して、違和感を覚えるのは普通です。そういった場合は、白米とブレンドされている市販の雑穀米の中でもブレンドされている種類が少ないものを選んで食べてみるのがおすすめです。また、梅干しやキムチ、漬物などの味が強いものと一緒に食べたり、カレーなどと混ぜで食べたりしてみるのもいいかもしれません。ただ、人間は慣れていく生き物なので、ある程度、食べ続けていればだんだんと慣れてくるものなので、最初は健康のためと割り切って食べ続けることも大切です。